リフォームについて

弊社では、設計事務所ならではの「提案型」リフォームを推進していて、特に間取り変更も伴う‘耐震改修’と‘省エネ改修’でも多くのお施主様から絶賛の声を頂いています。

「耐震改修」では有資格者(耐震診断士)としての‘耐震診断’の後、資金との兼ね合いを考え最大限有効な手立てで‘改修提案’を行い、現在の耐震基準に合わせた安心して暮らす事の出来る改修提案を行います。

「省エネ改修」では十数年来「省エネ住宅」だけを提供してきた知識と技術、そして誇りで‘冬は暖かく、夏涼しい’現代の高気密・高断熱住宅に生まれ変わらせる事が可能です。

又、新築同様に弊社コーディネーターがデザイン性だけでなく、女性、そして主婦の観点から使い勝手や動線、設備機器の選定や収納方法までも奥様と一緒に考え提案します。これもOB施主様から喜ばれている一因です。

弊社には営業マンはいませんので、連日電話攻勢をかけるなどといった事はいたしませんので安心してご相談ください。疑問点や不安な点を一つずつ丁寧にお答えして、納得のゆく家作りのお手伝いをさせて頂きます。

事例1 茨城県阿見町の家

依頼経緯

「省エネ住宅」をキーワードに検索。弊社のホームページから資料請求を頂き、「これからの住宅は省エネが必須」という観点から事例にもある「松戸市幸谷の家」を内覧し、リノベーション工事でも多くの実績がある弊社へ依頼されました。

過去のお施主様同様、キーワードは‘寒さ’‘暑さ’からの解放。

内容は既存住宅の耐震を含めた省エネ改修&お子様世帯の増築ですが、窓からの熱の出入りを考え改修しない部屋でも‘インナーサッシ’を入れ、省エネ化を図る事に。

取り組み

既存住宅に関しては‘省エネ’は基より、窓のバランスも悪かったので‘耐震’を考慮しつつ一部を除き、使いやすい間取りに変更、設備もガス併用から将来を考えオール電化に変更しています。

既存の住宅はその他の事例と同じように一部の改修を行うために床・壁・天井の断熱は‘充填断熱(高性能グラスウール)’を採用し、窓は弊社新築住宅でも採用している次世代エコサッシである‘遮熱高断熱ペアガラス樹脂サッシ’を採用し熱損出を最大限抑えています。

増築部の仕組み

増築部は木造軸組(在来)工法を採用していますが、構造的な強度と長期使用に耐えうるエンジニアリングウッドで構成し、大きな地震にも耐えうる最新の金物工法で組み上げられています。また既存住宅(古い)と増築住宅(新しい)では建築時の耐震基準が異なるためにエキスパンションジョイント(EXPJ:構造を分ける)金物で繋ぎ、地震の際に異なる揺れでも互いの建物に影響を与えない構造で建築しました。

断熱は基礎・土間・外壁は‘外張り断熱’、屋根は外張り断熱と充填断熱の弊社独自の2重断熱工法で施工された‘次世代基準’の住宅となり、内部では無垢材をふんだんに使用し、表し仕上げで‘木のぬくもり’&‘リラクゼーション’を表現しました。

写真でみるBEFORE & AFTER

既存住宅(母屋):耐震改修&省エネ改修をした部分
BEFORE
改築前のリビングダイニング
リビングとダイニングが仕切られ段差もあり使い勝手が良く無い
AFTER
改築後のリビングダイニング
天然木フロアと無垢パインで統一し、空間を一体化する事で奥行きが出来る
BEFORE
改築前のキッチン
リビングとダイニングが仕切られ段差もあり使い勝手が良く無い
AFTER
改築後のキッチン 1
天然木フロアと無垢パインで統一し、空間を一体化する事で奥行きが出来る
AFTER
改築後のキッチン 2
天然木フロアと無垢パインで統一し、空間を一体化する事で奥行きが出来る
BEFORE
改築前のエントランスホール
断熱性能の無いアルミ玄関戸が冬の寒さを呼び込み、また土間と廊下の段差がきつい玄関ホール
AFTER
改築後のエントランスホール
断熱性能の高い玄関ドアを採用し、段差をバリアフリー寸法に、また自然素材を多用したホール

増築住宅(お子様世帯):新築同様の耐震性能と次世代基準の省エネ性能を有する


ファミリールーム(増築部)
無垢素材がふんだんにあふれ、吹上の大きな勾配天井が空間の広さと安らぎを与えます

ロフト(増築部)
無垢の杉フロアとパイン材で構成され自然あふれる大空間のロフト(奥の棚は書棚)

マスターベッドルーム(増築部)
構造材表し天井がやすらぎと和の雰囲気を高めています。奥の白い機械は蓄熱暖房機です(冬の暖房は家中、これ1台)

ユーティリティ(増築部)
母屋との接続部分である機能性あふれるユーティリティルームミニキッチンや洗面・洗濯機を備えます/td>

耐震と断熱

既存住宅である母屋は、耐震性能を高めるために間取りの変更に伴い窓の位置やバランスも配慮した設計として、既存の筋違いを生かし、耐震性能の高い外壁パネルを採用しています。 また省エネルギー性能を高めるために高性能グラスウールで断熱区画を明確にし、熱損出の高い窓では次世代サッシの遮熱高断熱ペアガラス樹脂サッシを採用。増築部は強度の高いエンジニアリングウッドを耐震性の高い金物工法で構成し、外張り断熱で省エネ性能は次世代省エネルギー基準を大幅にクリアしています。


既存住宅の耐震性能
高強度パーティクルボードと熱伝導の少ない樹脂サッシ

既存住宅の省エネ性能
床断熱
高性能グラスウール80mm

既存住宅の省エネ性能
天井断熱:高性能グラスウール155mm
壁 断熱:高性能グラスウール105mm

【新設された住宅の省エネ性能】

既存住宅の耐震性能
基礎断熱と土間断熱及び外壁断熱はアキレス外張りQ1ボード40mm

既存住宅の省エネ性能
屋根断熱はアキレス屋根用Q1ボード50mm

既存住宅の省エネ性能
屋根面W断熱
高性能グラスウール105mm

茨城県阿見町の家 概要

既存住宅部(母屋)改築面積
56.45㎡(17.07坪)
増築面積
68.16㎡(20.61坪)
今回工事面積
124.61㎡(37.68坪)
工期
3か月

事例2 柏市根戸の家Ⅱ

依頼経緯

中古住宅を購入して居住していたが既存部分の耐震不安と使い勝手に不満があり、インターネット検索に依り、弊社他数社に打診。提案と既存住宅がツーバイフォー工法という事もあり、‘耐震’‘省エネ’に併せツーバイフォー工法で実績のある弊社が依頼を受けました。

取り組み

耐震の問題では無造作に増築された部分と既存接合部に難があり、使い勝手を解消すべく間取りの変更を提案。同時に窓開口位置を見直し、現在の耐震基準に適合させる。高強度パーティクルボードなどを面材として用い、改修後の耐震診断評点は精密診断で0.75<倒壊する可能性がある>から1.23<一応倒壊しない>に大幅に改善しました。

使い勝手では、不満の多かったメイン改修部分である1階L・D・Kや玄関を奥様のイメージとしてあった‘京都の町屋’のデザイン・風合いを採り入れ、通風なども考慮し明るくモダンな演出をしています。
BEFORE
AFTER

ストックルームは、女性3人の衣装部屋として使用。2Fの部屋に行くことなく、収納と着替えを可能にしました。
又、以前では孤立していたキッチンが明るく開放された事で、2人の娘さんと3人でキッチンに立ち、楽しく会話しながら食事の支度が出来、新設されたスタディーコーナーで勉強やパソコンなどを楽しんでいるそうです。

*耐震工法と省エネ工法(断熱)は<事例1>と同様です。

建物の傾斜

事前調査時点から床が傾斜している事が判明していましたが、解体後の再調査で地盤沈下が確認されました。お施主様と相談の結果「基礎補強地盤沈下修正工事」を追加し、地盤沈下している数カ所の基礎下部に‘アンダーピーニング工法(杭挿入)’にて基礎補強工事を行い、建物傾斜を改善しました。

*アンダーピニング工法
沈下している基礎の下部を掘り下げ、ジャッキを使い長さ300mmのコンクリート杭を継ぎ足し、支持地盤にまで到達させて一体杭を構成させる工法

写真でみるBEFORE & AFTER

BEFORE
工事前の玄関と外観
断熱性能が無いアルミ製玄関ドアとリシン吹き付けの外観
AFTER
完成後のエントランスポーチ
モダンな断熱玄関ドアと檜無垢板や檜柱で和を演出
BEFORE
工事前のエントランスホール
一般的なガラスドアと階段下物入れ
AFTER
完成後のエントランスホール1
和のイメージを持つ格子柄無垢ドアと天然木フロア
BEFORE
工事前のアルミ玄関ドア
断熱性が無く、寒く暗い玄関ホール
AFTER
完成後のエントランスホール2
一面の壁だけトーンを変えて鈍い陽光を採り入れたホール
BEFORE
リビングから台所と和室を望む
連続性が無く使い勝手が悪いリビングと台所
AFTER
リビングダイニング・キッチン
必要な耐力壁を飾り壁にして連続性を確保し陽光を入れる
BEFORE
工事前のキッチン
格好は良いがバックヤードが無い為使い勝手が悪く、ダイニングとリビングから孤立していた
AFTER
キッチン・ダイニング
リビングに対し対面とし、横にダイニングテーブルがきます。バックにはカップボードとパントリーを装備。右のカウンターはスタディーコーナー
BEFORE
リビング入口から和室方向を望む
ただ広いだけのリビングと孤立している和室和室は物置として使われていた
AFTER
ホール正面の飾り壁&棚
飾り壁は‘なぐり’という波が打っているような模様があり、陰影のある素材
BEFORE
工事前のリビング手前の下り壁から手前は違工法により増築されていて床の傾斜などが見られた
AFTER
完成後のリビングを望む
床の傾斜を改善し、キッチン・ダイニングとリビングを一体の空間として家族の動向を感じる事の出来る明るい空間になりました。
BEFORE
工事前の洗面室
広さは十分だが暗い洗面室
AFTER
完成後の洗面室
入って右側にあった洗面を正面にし、壁上部と天窓から採光を確保。明るく衛生的な洗面室になりました。

新築・リフォーム共に弊社は「あなたの街のホームドクター」として、そして建築設計事務所として多岐に亘る知識と技術で、 安心と安全そして快適性を提供いたします。
まずは、ご相談ください。

資料請求とお問い合わせ
ローズハウス ヤフー店
ZEH
フェラーリは今日も行く
家庭用エアコン1台で一年中快適に暮らせる家づくり【高気密高断熱住宅】
OB施主様専用ページ

施工エリア

【千葉県内】
我孫子市・柏市・流山市・松戸市・野田市・白井町・成田市・印西市・鎌ヶ谷市・八千代市・習志野市・船橋市・市川市・四街道市・浦安市・千葉市花見川区

【茨城県内】
取手市・龍ヶ崎市・利根町・牛久市・守谷市・つくばみらい市・阿見町・つくば市・土浦市・常総市・坂東市・稲敷市

【埼玉県内】
三郷市・吉川市・越谷市・八潮市・川口市・草加市・松伏町・春日部市・さいたま市南区

【東京都内】
葛飾区・江戸川区・墨田区・台東区・荒川区

上記に記載がない場合はお問い合わせください。

事業内容

高断熱高気密住宅・省エネ住宅の設計/施工,省エネリフォーム,店舗の設計/施工,耐震診断/改修
株式会社 エムアンドエー設計工房
〒270-1132 千葉県我孫子市湖北台2丁目13-19
TEL:04-7196-6850 
(月~土 9:00~18:00)
FAX:04-7196-6849
Copyright (c) M&A Architect Factory Co., Ltd. All Rights Reserved.